女医が居る産婦人科で中絶手術が可能

事前準備はとても大切

思いがけず妊娠が発覚してしまった場合、産むことも育てることも不可能なら中絶手術を受けることになります。体調面や安全性など、様々な要素を確認した上で手術を決断するようにしましょう。まずは中絶手術とは何かを知っておく必要があります。

中絶手術の意義に注目しよう

予期しない妊娠

避妊を行なわずに性行為に及んだ場合、または避妊具が破損していた場合などは、妊娠する可能性があります。経済的な理由などで出産・育児が難しい場合などは、専門の医療機関で中絶手術を受けることが可能です。

性犯罪の被害

女性をターゲットにした性犯罪の被害は徐々に少なくなっているものの、事件が完全に無くなったわけではありません。性犯罪の被害者が妊娠してしまった場合などは中絶手術が行なわれるケースがあります。

胎児の染色体異常が判明

胎内で育つ胎児の障害の有無を判断するため、染色体検査を実施することが可能になりました。障害を持っている可能性が高いという場合、胎児の成長具合を考慮しつつ中絶手術を行なうことが出来ます。

母親の年齢や病気の問題

母体となる母親が高齢である場合、または重い病気を患っている場合などは、安全な出産が行なえない可能性が高くなります。専門医により出産が困難であると判断されると、中絶手術を進められることも少なくありません。

~中絶手術が行なわれる流れ~

妊娠の有無を確認

市販の妊娠検査薬では正確な結果が確認出来ないことがあります。体調の変化など妊娠の心当たりがあるなら、出来るだけ早めに産婦人科を受診し、エコーや尿検査を受けるようにしましょう。妊娠22週目以降は中絶手術が行えなくなってしまいます。

中絶手術の決断

妊娠していることが発覚したのであれば、出産するか中絶手術を受けるかをじっくり考えてみましょう。中絶手術は体への負担だけではなく、精神的なストレスになることもあります。家族やパートナーはもちろん、女医などと相談することも大切です。

手術を受ける前の検査

血液検査や性病検査など、中絶手術を受けるための最終的な準備を始めることになります。この時に病気が発見されると手術計画はストップしてしまうため、予め健康診断などを受けておくと安心です。検査に問題がなければ手術の日取りが決定されます。

誓約書にサイン

医療事故を防ぐための対策は病院側で行なわれていますが、もしものことが起こった場合を考慮し、誓約書が設けられています。その内容をしっかり確認した上でサインをすることが大切です。家族やパートナーのサインも併せて必要になるでしょう。

中絶手術の実行

専門の病院で中絶手術が行なわれます。胎児の大きさや手術法により入院が必要になるケースも考えられるでしょう。女医であれば同じ女性としてのアドバイス・ケアを提供してくれるため、手術に対して不安を抱いている人にも最適です。

【PR】
有名女医が中絶を行なうクリニックまとめ。
デリケートな悩みを、すぐに改善。

女医は中絶手術の相談に適役

手術を受けるタイミングが遅くなるほどリスクは高くなるものです。専門家である医師のアドバイスを求めているなら、女医の居る産婦人科を探してみると良いでしょう。豊富な実績を持つ女医であれば適切なケアも同時に行なってくれます。