安全な中絶手術を行なうためのルール

中絶手術が出来ないケース

妊娠22週目以降の手術は違法

中絶手術は母体保護法に基いて行なわれます。しかしどんな理由であれ、妊娠22週を超えてしまっている場合は違法になるのです。妊娠6ヶ月くらいに当たるので、それまでに適切な病院で手術を受けるようにしましょう。

家族や配偶者の同意が必要

中絶手術を受ける本人だけの希望でも、配偶者などの同意がなければ手術は許可されません。サインの偽装は犯罪になるため、家族や配偶者にしっかり相談するようにしましょう。未成年の中絶手術には保護者の同意が必須です。

前置胎盤だとリスクが高くなる

子宮口に胎盤が被さっていると中絶手術が不可能になることがあります。低置胎盤であれば執刀してくれる病院もありますが、母体への負担は一般的な中絶手術よりも重くなるため、費用も高くなることがほとんどです。

最終的には医師の判断が絶対

妊娠22週以内であっても、子宮の状態や胎児の大きさなどを考慮し、医師が中絶手術を断ることも考えられます。医師はリスクを負う手術を避けるものです。相談しづらい場合は女医が対応してくれるような産婦人科を探しましょう。