確実な避妊が心と体を守る

妊娠を防ぐ方法

経口避妊薬

一般的にはピルと呼ばれる経口避妊薬を処方してもらい、排卵作用を抑制することが出来ます。ピルは生理不順や生理痛が重い場合にも処方してもらえるため、産婦人科に相談してみると良いでしょう。生理日を安定させたいという希望が叶います。

コンドーム

性行為を行なう前に男性器に装着し、精子が膣内に放出されることを防げます。装着方法などを守れば高確率で妊娠を予防することが出来ますが、破れるリスクなども考えられるでしょう。コンビニなどで販売されているため最も実施しやすい避妊です。

IUDやIUS

どちらも産婦人科で行なってもらえる避妊方法です。専用の器具を子宮に挿入する必要があるため、まずは病院を受診することが大切になります。装着してから数年間は避妊効果が持続するため、妊娠を希望していない場合に最適な手段です。

外科的手術

受精すること自体を防ぎたいのであれば、避妊手術を受けることも効果的でしょう。上記の方法よりも確実な避妊効果が期待出来ます。しかし一度手術を受けると妊娠することは不可能になるため、よく考えた上で執刀してもらうことが重要です。